〜ヴィクトリアマイル〜

ヴィクトリアマイル

★今週の重賞対策データ★
 〜ヴィクトリアマイル〜
※データは過去8年

【人気】
1番人気 (3-2-0-3)
2番人気 (2-0-0-6)
3番人気 (0-1-2-5)
4番人気 (1-0-2-5)
5番人気 (1-0-1-6)
6番人気 (0-0-0-8)
7〜9人 (0-3-2-19)
10人以下(1-2-1-67)


【馬連・3連複】(1着人気-2着人気-3着人気)
2006年/ 1000円・ 2770円(2-3-4)
2007年/30740円・235020円(12-9-8)
2008年/ 1670円・ 3240円(5-1-4)
2009年/ 5310円・19770円(1-11-7)
2010年/ 2490円・29700円(1-8-11)
2011年/ 230円・ 620円(2-1-3)
2012年/ 5510円・10790円(4-7-3)
2013年/ 8030円・35770円(1-12-5)

【単勝オッズ】
1.0〜1.9倍 (2-1-0-0)
2.0〜2.9倍 (0-1-0-2)
3.0〜3.9倍 (2-0-0-0)
4.0〜4.9台 (1-0-0-3)
5.0〜6.9倍 (0-1-1-4)
7.0〜9.9倍 (1-0-2-5)
10.0〜14.9倍(1-1-2-9)
15.0〜19.9倍(0-0-0-6)
20.0〜29.9倍(0-0-1-11)
30.0〜49.9倍(0-4-1-21)
50.0〜99.9倍(1-0-1-31)
100倍以上  (0-0-0-27)


《ポイント》
人気薄の好走が多く波乱の多いレース。
単勝100倍以上の超大穴はありませんが、7〜12番人気
まで穴馬も馬券に絡んでいます。

単勝50.0〜99.9倍で馬券に絡んだ2頭は…
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2007年コイウタ     (12番人気)

ニシノブルームーンは前走中山牝馬S勝ち、コイウタ
は前走ダービー卿CTで牡馬に混じって2着に好走。
こんな調子の良い馬には注意。

1番人気は(3-2-0-3)で連対は5回は、ブエナビスタの
2回とウオッカの2回、昨年のヴィルシーナ。

△単勝50.0〜99.9倍
(1-0-1-31)
×単勝100倍以上
(0-0-0-27)

【馬齢】
4歳 (6-6-3-59) 8.1% 16.2% 20.3%
5歳 (2-2-3-33) 5.0% 10.0% 17.5%
6歳 (0-0-2-19) 0.0% 0.0% 9.5%
7歳上(0-0-0-8) 0.0% 0.0% 0.0%


《ポイント》
連対は全て4〜5歳馬。
6歳以上は(0-0-2-27)となっています。

3着に来た2頭は
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

ニシノブルームーンは前走中山牝馬S勝ち、
ショウナンラノビアは芝路線へ変更してから、
1000万下、1600万下と2連勝と勢いあり。

△6歳以上
(0-0-2-27)

【所属】
美浦(4-2-2-44) 7.7% 11.5% 15.4%
栗東(4-6-6-75) 4.4% 11.0% 17.6%

《ポイント》
穴馬は関東馬の方が多い。
関西馬は9番人気以下で(0-1-0-46)。

連対した1頭は
2009年ブラボーデイジー(11番人気)

前走福島牝馬S・1着馬。

△関西馬で9番人気以下
(0-1-0-46)

勢いのある好調な馬に注意が必要ですね。

【前走】
重賞(8-8-7-103)
├阪神牝馬S(1-4-2-41)
├中山牝馬S(1-1-2-7)
├福島牝馬S(0-1-1-33)
├京都牝馬S(0-0-0-1)
├高松宮記念(0-0-0-3)
├ダービー卿CT(1-0-1-3)
├東京新聞杯(0-0-0-0)
├中日新聞杯(0-0-0-1)
└海外(2-2-0-1)

OP特別(0-0-0-7)
1600万下(0-0-1-7)

【前走着順】
1着  (1-1-3-21)
2着  (3-1-3-10)
3着  (0-0-1-9)
4着  (1-1-0-12)
5着  (1-0-0-10)
6〜9着(2-2-1-30)
10以下(0-3-0-27)

【前走人気】
1番人気 (0-0-1-16)
2番人気 (2-2-1-11)
3番人気 (0-1-1-16)
4番人気 (2-1-2-13)
5番人気 (1-0-0-11)
6〜9人 (1-2-1-32)
10人以下(0-0-2-19)

《ポイント》
前走は重賞だった馬がほとんど。
阪神牝馬S、中山牝馬Sとマイル重賞が中心。
海外は前走ドバイだったウオッカ(2回)、
ブエナビスタ(2回)。

福島牝馬Sは(0-1-1-33)で苦戦傾向。
馬券に絡んだ2頭は昨年3着のマイネイサベル、
2009年2着ブラボーデイジー。
福島牝馬Sでは馬券絡みなし。

×前走福島牝馬Sで
(0-0-0-25)
⇒ウインプリメーラ、レイカーラ、
クラウンロゼ、ミッドサマーフェア

前走人気では、前走10番人気以下で(0-0-2-19)で
連対がありません。

馬券になった2頭は…

2011年レディアルバローザ(3番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

レディアルバローザは前走中山牝馬S・1着。

△前走10番人気以下
(0-0-2-19)
⇒アユサン、ウインプリメーラ、
クラウンロゼ、プリンセスメモリー

[ヴィクトリアマイルデータまとめ]
△単勝50.0〜99.9倍
(1-0-1-31)
×単勝100倍以上
(0-0-0-27)
△6歳以上
(0-0-2-27)
△関西馬で9番人気以下
(0-1-0-46)
×前走福島牝馬Sで3着以下
(0-0-0-25)
△前走10番人気以下
(0-0-2-19)
△中2週以内
(0-1-1-47)

《ポイント》
ヴィクトリアマイルは波乱の多い重賞ですね。
割り引きとなるデータがありますが・・・

単勝50.0〜99.9倍で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2007年コイウタ     (12番人気)

6歳以上で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

関西馬当日9番人気以下で馬券に絡んだ1頭
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走福島牝馬Sだった馬で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走10番人気以下だった馬で馬券に絡んだ2頭
2011年レディアルバローザ(3番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

中2週以内で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走重賞連対か連勝馬または前々走重賞勝ち。
調子の良い馬、勢いのある馬が好走。
穴馬も好調な馬が狙い目となりそうですね。

⇒【ヴィクトリアマイル】データ消去法でさらに絞込み!

以上のデータから良さそうなのは…
スマートレイアー
ホエールキャプチャ
メイショウマンボ
あと2頭は⇒

レースの格について
現在の中央競馬の中長距離の格付け

1、古馬混合GI、そのステップ戦
例天皇賞春・秋、ジャパンカップ、有馬記念、宝塚記念など
GIIは阪神大賞典、産経大阪杯、毎日王冠、京都大賞典など

2、古馬混合GII
例ステイヤーズS、目黒記念、アルゼンチン共和国杯など

3、3歳牡馬クラシック
例皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3レース

4、古馬牝馬GI
例、ヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯の2レース

5、古馬混合GIII、古馬牝馬限定GII、GIII

6、その他3歳限定重賞全部

まとめGIなら
JC=有馬=秋天=春天=宝塚>ダービー=菊=皐月>ヴィクトリア=エリザベス

 (14/1/5〜5/11)
 <着別度数><勝率><複勝率>
蛯名 【6-1-2-15】25.0% 37.5%
浜中 【5-1-0-16】22.7% 27.3%
岩田 【4-3-5-10】18.2% 54.5%
武豊 【4-3-1-15】17.4% 34.8%
川田 【4-2-4-10】20.0% 50.0%
横山典【3-1-2-20】11.5% 23.1%
秋山 【2-3-1- 9】13.3% 40.0%
田辺 【2-2-1-16】 9.5% 23.8%
吉田豊【2-2-0-10】14.3% 28.6%
北村宏【2-1-2-17】 9.1% 22.7%

トップは蛯名騎手!この春は皐月賞の
イスラボニータ、天皇賞のフェノーメ
ノでG1を連勝し、先週のNHKマイ
ルCでも人気薄キングズオブザサンで
3着と大暴れ継続中。今週のホエール
キャプチャは実績だけではなく、鞍上含めて注目したくなりますね。

浜中騎手の5勝中3勝はミッキーアイ
ルとのコンビでのもの。NHKマイル
Cでは、相当なプレッシャーがあった
と思いますが、人馬一体となり渾身の
逃げ切り勝ちをおさめました。今週の
デニムアンドルビーは得意の東京で悲願のG1制覇となるでしょうか?

騎乗停止明けとなる岩田騎手の重賞複
勝率は驚異の50%超と目を見張るも
のがあります。ストレイトガールはず
っと1200mを使い続けて来て久々
に結果の出ていないマイル戦。自分の
走りができるのか、鞍上の手綱捌きで
どこまで浮上できるのかが焦点となるでしょう。

東京開催における過去1年間の騎手成績をできる限り掲載します。
    (13/5/18〜14/5/11)

     ◆勝利数ベスト5
1位:戸崎圭太【47-27-40-259】
勝率12.6% 複勝率30.6%

2位:北村宏司【43-40-32-243】
勝率12.0% 複勝率32.1%

3位:内田博幸【32-49-30-212】
勝率 9.9% 複勝率34.4%

4位:田辺裕信【32-18-31-241】
勝率 9.9% 複勝率25.2%

5位:三浦皇成【29-26-12-229】
勝率 9.8% 複勝率22.6%

全国リーディング独走態勢に入りかけている戸崎騎手が堂々のトップ。
複勝率は他騎手に譲りますが、勝ち切ることにおいて最も信頼できます。

   ◆1番人気勝利数ベスト5
1位:戸崎圭太【21-8-10-27】
勝率31.8% 複勝率59.1%

2位:北村宏司【19-10-7-23】
勝率32.2% 複勝率61.0%

3位:内田博幸【14- 9-5-20】
勝率29.2% 複勝率58.3%

4位:横山典弘【11-10-3-9】
勝率33.3% 複勝率72.7%

5位:三浦皇成【9-4-2-4】
勝率47.4% 複勝率78.9%

三浦騎手の1番人気成績が優れている
ことについては2回東京開幕週の木曜メルマガでもお伝えしています。
今開催はここまで【2-1-0-1】です。

◆騎手&調教師コンビ勝利数ベスト5
1位:戸崎 &堀  【11-5-4-32】
勝率21.2% 複勝率38.5%

2位:北村宏&藤沢和【8-7-5-16】
勝率22.2% 複勝率55.6%

3位:吉田豊&大久洋【8-0-7-46】
勝率13.1% 複勝率24.6%

4位:蛯名 &栗田 【6-0-0-6】
勝率50.0% 複勝率50.0%

5位:三浦 &鹿戸雄【5-3-1-26】
勝率14.3% 複勝率25.7%

戸崎&堀コンビは今開催【4-1-0-2】うち1番人気6回。プリンシパルSの
『ベルキャニオン』でダービーへの切符を掴み取りました。
今週は『エクセラントカーヴ』が得意の舞台で巻き返しを狙っています。

北村宏&藤沢和コンビは驚異の複勝率
55%をマーク。開幕週【2-1-1-0】と流石の成績でスタートしましたが、
2週目1頭、3週目1頭はそれぞれ掲
示板に載れず。今週の『レッドスパーダ』は見逃せませんね!

吉田豊&大久洋コンビはなんといって
も青葉賞の『ショウナンラグーン』で
しょう。来年2月で定年を迎える師に
とって最後のダービーにメジロドーベ
ルの孫、愛弟子と挑めるのですからドラマチックですね。

蛯名&栗田コンビの6勝中4勝は『イスラボニータ』でのもの。
皐月賞馬が得意の東京コースでクラシック2冠目を狙います!

ヴィクトリアマイルが行われる東京芝1600mの過去1年間の枠順成績はコチラ。

     (13/5/18〜14/5/11)
 東京芝1600m<勝率><複勝率>
1枠【 3- 7- 8- 85】 2.9% 17.5%
2枠【 9- 4-11- 82】 8.5% 22.6%
3枠【 5- 8- 8- 90】 4.5% 18.9%
4枠【 7- 9- 2- 96】 6.1% 15.8%
5枠【15- 8- 4- 93】12.5% 22.5%
6枠【 4-13-12- 97】 3.2% 23.0%
7枠【 4-10-13-120】 2.7% 18.4%
8枠【18- 6- 7-122】11.8% 20.3%

勝率トップの5枠は先週もミッキーアイルが勝利している追い風あり。
今回はホエールキャプチャとキャトルフィーユがスタンバイしています。
- mono space -