プラス収支!競馬調教目安−競馬総合情報

競馬予想、JRA情報、競馬レース、競馬データ、競馬コース、競馬血統、競馬ラップ、競馬調教、競馬コミュニティなど充実の、国内最大級の競馬予想情報サイトです。http://www.keibayosou.6.tool.ms/

競馬予想
初心者基礎
初心者基礎

JRAビギナーズクラブ/競馬シミュレーター/デジタルブック/競馬基礎/競馬のイロハ/知識とノウハウの競馬攻略/勝つための競馬きほん事典

勝ち馬がわかる競馬の教科書-今さら人に聞けない競馬の基本

新品価格
¥1,404から
(2014/5/14 08:56時点)




競馬は知れば知るほど勝てるようになります。(本当です)
なので、どれだけ良質の知識をインプットしたかで、あなたの馬券収支は大きく変わるんですよ!




以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。



勝つ為にはレースを絞れ!1日のレースを絞る事が勝ち組への第一歩です。



1Rから12Rレースまで手を出してる方は100%負け組みでしょう。



下図のように36レース中3レースぐらいに勝負レースを絞る事です。




新馬戦から買うなんてもってのほかです。





1度も走った事の無い馬に、





大切なお金を賭けるなんて私には絶対出来ません。





競馬は血統で走ると言われてますが、





どんなに良血な馬でも馬群に沈んだ光景を





一度は見た事があると思います。







貴方の選んだその勝負レースは何を根拠に選んだのですか?







G1?重賞だからですか?



この馬が1着は固いと思っているからですか?



自分の応援している馬が出走しているからですか?





1日に何レースも考えるのではなく、



3レースぐらいに絞って、



集中すれば的中はグッと近づいてくると思います。



私は1日3レースぐらいに絞って勝負しています。



要するに何でも手を出すのではなく、



勝負する3レースの内、



1レースのパドックで馬の状態や馬体重がおかしく、



1レース減ったとしても



その日は残りの2レースで勝負する事です。



競馬で不的中ほどストレスを抱えるものはありませんからね。




レース選びのコツまず最初に競馬新聞を見て、





新馬戦と障害レースは飛ばします。







赤ペンでやらないレースを×印を付けていくといいと思います。







実際私もそうしています。







だいたい私の予想するレース選びのコツとしては、



1. 距離短縮、距離延長
(前走不向きな距離を走らされ、今回得意の距離での出走)



2. 格上げ
(勢いがあり、そのまま勝つ事が多い)



3. 1番人気が飛びそうなレース
(実力よりも過剰人気、馬体重が減り続けている又はその逆)



4. 馬場状態
(内伸びが有利、外伸びが有利)



5. ダートから芝替わり、芝からダート替わり
(前回不得意なコースを走らせ、今回得意のコース)





私のおおまかなレース選びのコツとしては、



だいたいこんな感じでレースを選択しています。







主に距離短縮だったり、格上げ戦とかが多いですね。







距離短縮というのは



前々走1600m→前走2000m→今回1600mというローテーションの事です。







格上げ戦というのは、



例として500万で勝った馬が1000万に出走してくる事で、



前回よりも今回がレースの方が格式が上という事です。







1番人気が飛びそうなレースというのは、



実力よりも毎回過剰人気になっている場合、



今回こそはといって期待を裏切り続けている馬が出走しているレースや、



1,2番人気の馬の馬体重が減りつづけている、



又は増え続けている場合などは勝負しやすいレースです。







馬体重はその馬の調子を表しているバロメーターの1つであり、





自分の買う馬の馬体重ぐらいは3、4走ぐらいまで馬柱で確認し、





そこから、だいたい今、どのような調子なのかぐらいは見ておいた方がいいと思います。







馬場状態というのは、



ご存知の通り、芝、ダートの状態の事ですね。



しかしJRAが発表しているより、やけに時計がかかってるとか



逆に時計が発表より早いとか、よくあるので、そのまま鵜呑みにせず、



自分の目で確かめた方がいいと思います。







ダート→芝、芝→ダート変わりなど、よく見かける光景です。



前回不得意な事をさせて、今回得意なコースで激走!よくあるパターンですね。



このパターンは後半のレースよりも前半のレースの方が多いような感じがします。



だいたい基本はこれで後は少しずつ展開だったり、



馬場状態を予測しながら馬を絞っていく感じです。

【1000円以上送料無料】一番わかりやすい競馬教室 もっと競馬が楽しくなる/柏木集保


- mono space -