プラス収支!競馬調教目安−競馬総合情報

競馬予想、JRA情報、競馬レース、競馬データ、競馬コース、競馬血統、競馬ラップ、競馬調教、競馬コミュニティなど充実の、国内最大級の競馬予想情報サイトです。

競馬予想 対戦表各馬詳細情報
対戦表各馬詳細情報


競馬対戦表/適正レビュー過去の戦績/各馬詳細情報検索

エイシンフラッシュ
気性が成長し休み明け昨年9着の毎日王冠をスローペースで折り合って快勝
福永騎手が上手に乗りレース後ダメージなく直ぐ始動
昨年と同じ中2週で追い切り6歳でも劣った様子がない
上積み毛ヅヤや息遣い良くCWをコンビ復活のデムーロ乗せて好感触
落ち着き有り今年の方が明らかに勢い有り天皇賞秋2連覇かけ良い状態で出走で出来そう
今回更に得意の条件で32秒7位の瞬発力が武器
この馬以外は斤量が増える点も有利
稍重のG1で3・2着の実績有り万全の体勢

『エイシンフラッシュ』特集

戦績2009年[編集]7月12日阪神の新馬戦でデビュー。鞍上は福永祐一。芝1800mで5番人気となり6着だった。一息おいて10月11日の京都の未勝利戦に出走。鞍上は内田博幸へと乗り替わる。2番人気だったが初勝利を飾った。萩ステークスでは再び福永が騎乗するも3着に終わるも、クラシックの登竜門レースと言われるエリカ賞は内田が騎乗し人気に応えて2勝目を挙げた。以後内田が主戦となる。

2010年京成杯では主戦の内田が9頭落馬事故での負傷のため騎乗ができず、鞍上は横山典弘に乗り替わる。前走エリカ賞を勝利したこともあり1番人気に推され見事に勝利し、重賞初制覇した。この後皐月賞トライアルレースを予定していたが熱発で回避し皐月賞に直行となった。そして皐月賞で休み明けを嫌われて11番人気になったが、直線追い込んで3着に入り日本ダービーへの優先出走権は確保した。

5月30日の第77回東京優駿では7番人気での出走となり、前半1000m通過が1分1秒6、1600m通過が1分41秒1の超スローペースの中、中団やや後方を追走。直線でコース中央からダービー史上最速となる上がり3ハロン32.7秒のスピードで馬群を割って抜け出し、ローズキングダムの追撃もしのぎG1初制覇を飾った。騎手の内田博幸、調教師の藤原英昭、馬主の平井豊光の三者ともに東京優駿初制覇となった。

その後一次登録している凱旋門賞への参戦も注目されたが、後に断念し、秋は菊花賞を目指すことになった。そのトライアル競走である神戸新聞杯に出走。ローズキングダムとの叩き合いになるもクビ差の2着に敗れた。神戸新聞杯の後は菊花賞に出走する予定であったが、10月20日に追い切り調教を行った後で歩様が乱れたことから獣医師の診察を受けた結果、筋肉痛の発症が判明し、菊花賞出馬投票当日の10月21日に急遽出走を取り止めた[4]。その後11月28日のジャパンカップでは2番手グループを追走するも直線で伸び切れず8着、有馬記念では出遅れて中団馬群の後方を進んだが伸び切れず7着に敗れた。

2011年4月3日の大阪杯で始動。後方追走から直線で懸命に猛追するがヒルノダムールの3着に敗れた。次の天皇賞(春)では、3番人気で出走。道中は後方待機、直線で大外から先団を強襲するも、またもヒルノダムールの2着に敗れる。宝塚記念では主戦の内田博幸が落馬負傷のため安藤勝己に乗り替わり、中団追走から直線で馬場の内から迫るがアーネストリーの3着に敗れた。

秋はステップレースを使わず鞍上にクリストフ・ルメールを迎えて天皇賞(秋)に3番人気で出走。3・4番手追走から直線でいったんは先頭に立ったが伸びを欠き6着に終わる。次のジャパンカップは後方追走も伸びきれず8着に敗れた。有馬記念では好位から直線で渋太く脚を伸ばしオルフェーヴルの2着となった。

2012年
2012年の天皇賞(秋)において1着入線後、本馬場において下馬しレースを天覧した天皇と皇后に最敬礼するミルコ・デムーロトランセンド、スマートファルコンと共に、3月31日のドバイワールドカップに出走。道中中団内めを追走も直線で伸びきれず日本馬最先着の6着に敗れた。海外遠征明け初戦となった宝塚記念では再び鞍上に内田博幸を迎え、調教での動きも良かったことから4番人気で出走したが、道中かかる仕草を見せるなどして直線で伸びきれず、5着馬から5馬身も離された6着に敗れた。その後、秋初戦の毎日王冠は宝塚記念同様不本意なレースとなったものの、2005年以来7年ぶりとなる天覧競馬となった天皇賞(秋)にミルコ・デムーロを迎えて出走すると、シルポートが大逃げを図るハイペースの中、残り300m辺りから内ラチ沿いを鋭く伸び、フェノーメノの追撃を抑えて1/2馬身差で、東京優駿以来13戦ぶり、約2年5ヶ月ぶりとなる勝利を2度目のGI制覇で果たした。競走終了後、デムーロはウイニングランの後、エイシンフラッシュをメインスタンドへ向かわせていったん下馬し、ヘルメットを脱ぎ、競走を天覧した天皇と皇后にひざまずいて最敬礼した。 有馬記念はレース当日にミルコ・デムーロが尿管結石により三浦皇成への急な乗り替わりがあったが、最後の直線で抜け出し勝ちそうな脚色も見せたものの残り約50mで交わされ4着に敗れた。

2013年3月2日、平井豊光が死去したため、次男の平井克彦が引き継いだ。3月31日の大阪杯で始動。中団追走から直線で懸命に猛追するがオルフェーヴルの3着に敗れた。この後、天皇賞には出走せずに香港へ遠征したエイシンフラッシュは、4月29日に行われたクイーンエリザベス2世カップにミルコ・デムーロとのコンビで出走。道中は後方に位置し、直線で内を突いて猛然と追い込んできたが、勝ったミリタリーアタックから1馬身4分の3離れた3着に終わった。約5ヶ月半の休み明けとなった毎日王冠では逃げるクラレントをかわし優勝した。




┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【フレッツ光】動画でわかる!フレッツ光キャンペーンサイト!! 
       新規申込キャンペーン実施中!!!
          特典1:最大6万円キャッシュバック!
          特典2:無線LANルータープレゼント!
          特典3:高性能新品ノートパソコンを500円で提供!
          特典4:人気ゲーム機、新品のPS3プレゼント

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


^^このHPのまぐまぐ紹介


- mono space -